どのくらい飢餓が広がっているのか?

どのくらい飢餓が広がっているのか?

世界の飢餓人口は8億6800万人とも言われています。8人に1人が飢餓で苦しんでいる現状があるのです。日本では十分な食料があるためあまり気が付きませんが、これだけ多くの人たちが食糧難で苦しんでいるのです。

実際に穀物生産量で見てみると、年々増加傾向にあるのですが、経済成長にある国の消費量が増えたり、気候の変化によって作物が不作となる事もあり、全ての人に十分な食料が届けられていません。

また、日本のような先進国では海外から食糧を輸入し、更にそれを捨てているという現状もあります。

一部の国が独占する事になれば、経済的に苦しい国の人々には行き渡らない事になってしまいます。食料の独占は更に価格の高騰まで招くのです。